■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.10.31 Tue

米個人消費支出価格指数(PCE)

こんばんは。 米国PCEが発表です、ごるごです。



デイトレ派の方、しっかりとスキャリましたでしょうか?


ドル円は上昇後いったん値を戻しましたので、行って来い(ロング&ショート)で2度儲けられた方、うらやましいです。


私は動くレートを見つめるだけで、びびってポジれずでした。

で、なぜかユーロ円149.30でロングポジ。決済は149.45で出してます。まあ、これならいずれヒットするでしょう。スワップゲットでもいいですしね^^



PCE数値はこちら。
米・9月個人所得
前回 +0.3%
予想 +0.3%
今回 +0.5%

米・9月個人支出
前回:+0.1%
予想:+0.2%
今回:+0.1%

米・9月PCEデフレーター(前年比)
前回:+3.2%
予想:+3.0%
今回:+2.0%
米・9月PCEコア・デフレーター(前月比)
前回:+0.2%
予想:+0.2%
今回:+0.2%
米・9月PCEコア・デフレーター(前年比)
前回:+2.5%
予想:+2.4%
今回:+2.4%
加・9月鉱工業製品価格(前月比)
前回:-0.5%
予想:-0.7%
今回:-1.6%
加・9月原料価格指数(前月比)
前回:-3.5%
予想:-4.0%
今回:-5.2%


全体的に予想に対しては好感できる数値でしたでしょうか。

個人所得が予想+0.2%
個人支出が予想-0.1%
PCEもコアデフレーターでほぼ予想通り

ということでした。


以上の数字を受けて、ドルは少しだけ上昇しましたが、米国経済が減速していることは間違いなさそうです。
(今の私は中期でドル安だと思っている人です。年内115円台くらいまでいくのかなぁ… もしいったらロングで買い増そっ。)




ちなみに素人の私はデフレーターの意味がよく分からなかったので調べてみました。初心者の方はどうぞ。


デフレーター

デフレーターとは、一定期間の物価動向を把握するための指数の一つで、GDPの計算をする上で使用する物価指数。モノやサービスの値段は、需要と供給のバランスで決められている。名目GDPが大きくても同時に物価が上昇していれば、経済活動が高まったとは必ずしもいえない。よって、物価の変動による影響を取り除いた実質GDPを使って経済活動の水準の変化を測ることが重要で、その名目値と実質値の差額を調整する値が、デフレーターである。

GDPデフレーター=名目GDP÷実質GDP


ようは、インフレやデフレによる価格変動の部分を除去した、実質的な経済成長の数値を導き出すための値のようですね。いまいち理解ができない私でした。(てか本気で理解しようとしていない?やっぱり鬱だ…)


今週はまだまだ指標が目白押し。楽しみましょ。
(ちなみに日中ポジったユーロ円ロングは+10pipsでした^^ 千円儲け。)


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/39-99879017
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。