■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.10.27 Fri

米国の住宅事情(新築編)

おはようございます。 今日はデイケアで外出の、ごるごです。
(さすがに少しポジって外出しようかな…)



さて、昨日は米国の、

9月新築1戸建住宅販売(季節調整後、年率ベース)

が発表になりましたね。


数字は…
107万5000戸 (前月比5.3%増)


この前に発表された、中古住宅の販売数は618万戸でしたので、


米国は圧倒的に中古住宅市場の方が大きいということですかね。



それにしても、この新築住宅販売数もアナリスト予想を超えていたのに、ドルは下落しています。 弱いですね~ドル。


日本時間昨夜には、グリーンスパン前議長が講演で、

「民間セクターからも、金融当局や中銀からも、ドルからユーロに資金を移す動きが一部出始めている」

と話したり、

「おそらく住宅市場の最悪の状況の大半が過去のものになった。第4・四半期はかなり良好になるだろう。確実に第3・四半期より良くなる」

と話したりしたそうですが、ドルはその間軟調な動きを示していました。


資金がドルからユーロへ… 

やっぱりそう流れるよなァ…と思って、今ロイター見ていたら、

『FRBが26日発表した10月25日時点の外国中央銀行の米財務省証券・政府機関債保有高は、前週比139億2000万ドル増の1兆6920億ドルとなった。』

そうです。

外貨準備をドル以外で…とはいうものの、まだまだ中央銀行は米国債を買っているですね。


外貨準備といえば、今は中国の動向が注目ですが、あそこは1兆ドルの外貨準備を持ち、日本を抜いて今や世界一です。

1兆ドルの資金が、ドルからシフトするとなると、これはもう相当なエネルギーを持っていますよね。


例えば『その3分の1で日本の国債を買うアルヨ』 と言えば、年間の国債発行高(30兆円規模)を凌ぎます。


この前ロシア中銀が円買い発言をしたときに、中国の出方が注目されたのも頷けます。


日本は、財政赤字がひどいですが、デフォルトする危険性はあるんでしょうかね?実際のところ。

対外債権も多く、日本の場合は、国債のほとんどが国内で消化されているため『マネープリント』をすれば問題はない、という記事を前に読んだことがありますが、『マネープリント』って…

意味はよくわからなかったですけど、インフレ起して、デノミ…みたいなことなのかな?


以上、素人な日記でした…
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/28-94bf7667
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。