■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2007.02.14 Wed

121円を下抜けるか…? 明日のGDPに向けての仕込み。

おはようございます。ドル軟調です。今朝のロールオーバーは、ドルショートポジションを全て手仕舞いしてやり過ごすことにしました。地道にスワップ金利をゲットしていきたいと思います。

さて、本日の為替動向は…


ホームページを公開しています。 → こちら
口座開設はサイトからどうぞ。  → こちら

為替予想に参加しよう。予想を見るだけでもOK。



ブログランキングに参加しています(/*^^)/
にほんブログ村 為替ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

まず、121円を下抜けるかどうかだと思います。日本の四半期GDP発表を明日に控えています。事前予想では、前回の悪い数値の反動で、かなりの好結果が予想されていますが、現時点でこの予想は相場に織り込まれているのでしょうか?織り込み済みであれば、121円下抜けは難しいでしょうし、今日の貿易収支や鉱工業生産確報値なんかを見極めつつ、徐々に織り込んでいく(円高)かもしれません。


仮にGDPが好結果だった場合、こんどはどのような影響があるのでしょうか?

まず株式市場ですが、単純に好結果が追い風になるかといえばそう単純ではなさそうです。現在の日経平均は6年ぶりの高水準らしいですが、これは先日のG7での円安容認で輸出関連企業に買い注文が入ったからだそうです。

だとすれば、GDPの好結果は日銀の利上げ圧力となり、金利上昇は株価下落の要因となります。

株式市場から見ると、GDPの好結果というのは、プラス材料であり、かつマイナス材料でもあるといえそうです。


為替相場への影響としては、GDP結果が予想をこえて良ければ、早期2月利上げ論が再浮上して、一時的に円高となりそうです。でも結局は、「逆に次の利上げがしにくくなった」「依然、絶対的金利差は存在する」とかで、円安に戻してくると思います。ドル円が下げたところで「買い」でいこうと思います。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/244-7f09b5cb
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。