■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.10.26 Thu

FOMC声明文

おはようございます。

上司:「なに!?FOMC寝過ごしただと!貴様仕事をなめてるのか!何のためにココ(NYK)に転勤してきたんだ!」

部下:「すみません。ついうっかり。結局ポジション持ち越してしまって、大幅な含み損です。」

上司:「ばか者~!今月あと何日だと思っているんだ?お前ノルマまであといくらなんだ!?」

部下:「はぁ…あと4万5千くらいです…」

上司:「この25日間何をしてたんだ?まだ5千しか利益を出してないじゃないか!というかほとんど取引もしていないじゃないか!」

部下:「なんだか、相場が動かないもので… 申し訳ございませんでした…」

上司:「もういい!お前みたいな間抜けはポジション手仕舞って、始末書でもかいてろ!」


結局今回のFOMCは寝過ごした…ごるごです。
(個人投資家は怒られないもんね~だ。)



さて、お楽しみのFOMCも終わりましたね。ドル円は声明文をうけて約40pipsの乱高下、その後全般的にドル安に市場は動いています。



FOMC声明文はこちら…
FOMCは25日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.25%に据え置くことを決定した。

 住宅市場の冷え込みを一部反映し、経済成長は年間を通じて減速した。今後は、経済は緩やかなペースで拡大する可能性が高いとみられる。

コアインフレ指標は高まっており、高水準の資源(リソース)利用度は、インフレ圧力を持続させる可能性がある。しかしながら、エネルギー価格による刺激減退、抑制されているインフレ期待、金融政策措置の累積的効果、および他の要素が総需要を抑えていることを反映し、インフレ圧力はいずれ鈍化する可能性が高いようだ。

 それでもなお、当委員会はある程度のインフレリスクが残ると判断している。これらのリスクに対処するため、必要になる可能性があるいかなる追加引き締めの程度と時期も、今後の情報によって示されるインフレおよび経済成長の双方の見通しの進展に依存することになる。

 今回の決定に賛成票を投じたのは、バーナンキ委員長、ガイトナー副委員長、バイズ、コーン、クロズナー、ミシュキン、ピアナルト、プール、ウォーシュ、イエレンの各委員。ラッカー委員は0.25%の利上げを主張し、反対票を投じた。



大方の予想通りの声明で、結局利上げ観測は減退、ドル軟調となりました。


私は寝過ごしましたが、下がったところをドルロングで参加しようかと目論んでいたため、結局ノーポジで正解だったようです。


このまま円高ドル安基調となるのでしょうか?それとも120円をまだ目指す?

スポンサーサイト

Comment

- yamyas

こんにちは、yamyasです。

FOMCの声明文読みましたけど結局素人の自分には良いのか悪いのかよく分かりませんでした…。依然として含み損解消できませんでした。ハァ- 120円目指してくれないとこまるなー。

米GDPの発表後また寄らせていただきますね。
2006.10.26 Thu 11:13 URL [ Edit ]

- ごるご

こんにちは、ごるごです。

FOMC、確かに素人目にはよーわからん部分ありますね^^
結局インフレなんかい?違うんかい?みたいな。
まあ現状くらいがちょうど良い物価上昇率なのかも…

発表前までにドルがじり安になっていましたから、120円突破も難しかったんでしょうね…

ドル安に備えて何か戦略を練りたいところですが、どうしてもスワップの関係で円ロングはポジりにくい部分、ありますよね~。
2006.10.26 Thu 12:18 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/24-0fdc7db3
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。