■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2007.02.09 Fri

この後12月機械受注(日本) 事前予想は悪化

おはようございます。今週最後の大きな指標は、12月機械受注(日/8:50)です。


事前予想は前月比・前年比ともにマイナスとなっています。


前回・事前予想はこちら。


                前回   コンセンサス
08:50 (日) 12月機械受注 [前月比] +3.8% -0.5%
08:50 (日) 12月機械受注 [前年比] +0.7% -3.8%



G7がスタートします。トリシェ総裁(欧州)は、前日の会見で3月のユーロ利上げを示唆しました。この発言を受けて、すでに円売りユーロ買いの動きが再燃しています。

一方で、ニュージーランドのカレン財務相は、利上げを打ち止め、過熱気味の住宅購入に特定して課税措置を取るといった発言をしました。こちらは、(依然金利差はおいしすぎるのですが…)発言を受けてニュージーランドドルが下落しました。


なんだか市場はすでにG7を無視して、改めて金利差にテーマが移っているようですが、本当にG7をケアしなくても大丈夫なのでしょうか?


G7で、この金利差がテーマになって、ファンダメンタルが軽視される最近の為替相場について、踏み込んだ議論がなされた場合、週明けの円相場が窓を開けて上昇しないとも限りません。


ちなみに、株も為替も、現在の状況を株価やレートに反映はしません。投資家は未来を予測して投資をしますので、将来を見越したある種の先行指数ともいえます。

日本は今、法人は空前の利益を上げていますが、果たして個人の生活水準は上昇しているのでしょうか?

為替相場のいうファンダメンタルが法人に限ったことなら、円安は是正されてしかるべきかもしれません。

しかし、10年、20年後の個人の生活水準や社会福祉インフラなどを勘案した場合、日本は果たして上昇すると、確信を持っていえるでしょうか?

そんな日本のファンダメンタルを見極めるひとつの指標が今朝の機械受注だと思いますので、注目して見てみたいと思います。


個人的には、今後10年、

超売り 円
売り  ドル・カナダドル
中立  ユーロ・ポンド・オーストラリアドル
買い  チャイナ元・香港ドル
超買い インドルピー
不安定 レアル・ランド・トルコリラ・タイバーツ


安倍政権みたいなのが続くようなら、これくらい日本はダメだと思っています。


為替予想に参加しよう。予想を見るだけでもOK。



ブログランキングに参加しています(/*^^)/
にほんブログ村 為替ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/235-4281eac4
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。