■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2007.01.23 Tue

ドル・ユーロ・ポンド・円の相関性

こんにちは。東京時間は相場が動きません。気をもんでいてもしょうがないのでちょっとコメントでも。



現在、ユーロドルのユーロロングで勝負していますが、なかなか1.3000へ上昇してきません。このままでは1.2800台への更なる下落もありえそうな状況ですが、いまだに方向感は定まりません。おそらく、ほかの通貨ペアに影響されているな~と思い、相場観をちょっとまとめて見ました。


まずドル円で122円へのせてしまうと、おそらくユーロドルは1.2800台まで下落するような気がします。

ドル円が125円を目指す… こんな声もちらほら聞こえますが、ドルストレートでここまで円が売られれば、クロス円も当然上昇すると思っています。ユーロ円なら160円台くらいまで上昇してもらわないといけません。

あるいは、口先介入などでドル円が反転、121円を割り込んでくれば、ドルに限定した発言(米国からの円安発言など)であればクロス円は堅調で、ユーロドルは上昇するかも知れません。もしくは、通貨全般としての円安が合唱されれば、クロス円の下落はドル円以上に大きくなって、ユーロドルも下落する…こんな想定もありえます。


それから、ユーロポンドの下落が激しい。この通貨ペアの相場観はわかりませんが、やはりここも金利差に着目してポンドが買われているようです。日足チャートで見る限り急激にユーロが売られています。もちろんイングランド中銀のサプライズ利上げが尾を引いているのですが、このユーロ売り・ポンド買いがとまらない限り、ユーロドルの上昇もなさそうです。

ポンド円も数年来の上昇を続けています。

こう考えると、ユーロドルで勝負している私は、ユーロドルはもちろんのこと、ユーロポンド、ポンド円などにも着目する必要がありそうです。

テクニカルはわからないので、配信される情報のレジスタンス&サポート、売り買いオーダー状況などから判断しているのですが、どうやら、ユーロドルは1.2900台で膠着、いつかはどちらかへブレイクする… そんな様相を呈してきている気がします。日を追うごとに、ユーロドルのレンジが狭まっている気もしますので、ブレイクした時の反動には要注意です。おそらくですが、どこかの指標を使ってブレイクするか、要人発言でブレイクするか… しばらく目が離せません。


(素人の相場観でした。)


為替予想に参加しよう。予想を見るだけでもOK。



ブログランキングに参加しています(/*^^)/
にほんブログ村 為替ブログへニンキブログ ブログランキングサイト人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/214-83639ef5
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。