■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.12.27 Wed

119円、ちょっと攻めにくいレベル。

こんばんは。今日は気分が優れないので徹夜を決め込んでいます。相場からは目を離して映画を見ていたのですが、いつのまにやら119円台乗せています。


ドル円に関しては、さすがにちょっとこのレベルからのロングはポジりにくいです。


今後のドル円の展望を少し。(素人の独り言です)
今年1年間、結局ドル円はまだ120円をつけていません。

残すところあとわずかな今月も、米国の住宅販売とか小っちゃなファンダイベントがありますが、今の相場はもっと単純に、みーんなの心理を読んで投資すればいいと思います。

120円付近にきたら、やっぱり一旦利益確定の売りでしょ?みんな。
119円後半から買いあがれる人もあまりいない気がしますし、120円超えは米国産業界も黙っていないと思いますし。


ポイントはやはり日本の利上げ時期だと思います。

先月は『12月に日銀の利上げ』という市場コンセンサスで119円後半から一時114円50銭まで円高が進行しました。
(結局12月は利上げ無しということで、元の水準まで戻しつつあるだけ。)

ということは『日銀の0.25%利上げ』インパクトは4円~5円程度の円高圧力であると言えなくは無いでしょうか?

さらに考えれば、来年のドル円相場は、日銀は1度は利上げするものの、さらなる追加利上げは難しいと考えれば、114円~115円程度の水準を中心に推移すると考えられなくもありません。11月の日足チャートはそんな情報を私たちに提供してくれたような気がします。
(もしかして日銀の牽制発言はこのレンジを探りたかったのかも…)

引き金となる指標、および下落トレンドをつかんで戻り売りができれば、『外貨預金より金利は有利だわぁ~』的な、Ms.円キャリー個人投資家から脱出できると思います。
(要は売りから入れるかどうかですね。)

果たしてどの段階で円高へとシフトするかは分かりませんが、119円台ではババを引く可能性は大きいと思われます。

114円を下回ったら買いからエントリー。117円以上は売りからエントリー。こんな感じで来年は差益を狙えるかも知れないですね。
(まあ日銀の金利政策だけがすべてじゃないですけど…。イラク&北朝鮮&石油&中国&ユーロ&他いろいろ。)


とりあえず、悠長にスワップ金利を享受しているとまた含み損を抱えてしまいそうですので、私個人的には119円からのドルロングエントリーは敬遠したいと思います。
(まあ、こんなこと書くと、ことのほか一気に120円超えなんてことになるかもです。)


それにしても明日のスワップ6倍日は魅力的やねぇ…(ボソッ)


10,000,000円プレーヤーはこちら↓↓
にほんブログ村 為替ブログへニンキブログ ブログランキングサイト人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/188-847492a7
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。