■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.12.09 Sat

米雇用統計スキャル結果発表

こんばんは、米雇用統計は『行って来い』いや『行って戻りすぎ』な動きになりました。ごるごです。


今回の指標スキャルは割りと上手くいったかな?利益ゲット、含み損は相変わらず拡大… そんな感じでした。 まあ、満足ですw


結果とスキャル手法の反省はこちら。
(基本ドル円の話です)
今回は指標発表時間(22時30分)に向けて、ドルがじり高となっていましたので、

① 事前にマネパでドルショート(115.60円)
② ①の決済は成行でクリック勝負。
③ セン短では最高値での戻り売りを狙ったクリック勝負。

(注意:すでにドルロング6枚をポジっているので、リスクヘッジの観点からドルショートしか狙っていません。)

こんな感じでトレードしました。

結果、①のマネパは、50pipsの儲け。③のセン短は115.80円というなかなか良い高値で戻り売り注文できたのですが、115.65円の薄利で決済、15pipsの儲け。

合計65pipsの確定利益となりました。
(ドルロング6枚は依然放置ですが…)


今回のスキャルのポイントは、最近の相場間がドル安方向へと向いていたことと、すでにスワップ用のドルロングを抱えているため、ドルショートに絞ったスキャルトレードとした点です。

ドルショートで利益を得るには、事前にポジって悪い指標結果を待つか、良い指標結果の発表の後、高値で戻り売りを狙う…このどちらかしかありません。

マネパは前者、セン短では後者を狙ったトレードだったといえるでしょうか。 まあ、損を出さなくて良かったです。(含み損は除いて)


それにしても、今回はセントラル短資です…

実はこれ、もっと利益を狙えたんです。115.80円でドルショートした段階では、指標結果からして、ひょっとしたら116円乗せも考えられた状況でした。

そこで、すぐにでも決済注文を出して、相場とにらめっこしたかったのですが、

セントラル短資… エラーの嵐!!!

これにはイラっときました。

あそこで取り乱さなければ、じっくりドル安を待って、マネパの115.10円と同レベルまで待てたと思うのです。

前回はマネパでレートが固まるし、今回はセン短でログインができなくなるし、やはりシステムの安定感のあるFX会社を選ぶということは、特にスキャルで儲けようと思ったら重要だと思います。

今ホールド中のドルロング6枚のうち、5枚はこんな感じでスキャル時のエラーで取り乱して高値掴みしたものです。


この記事を書いている最中、さらにドルが売り込まれていますね。ミシガンでしょうか?

実はもう一枚マネパでドルショートをポジっているので、これで今晩はもう一儲け狙いたいと思います。
(一応114.60円に決済出してますが、外してレートとにらめっこしようかな…)


11月雇用統計、結果は以下のとおりでした。

非農業部門雇用者数(11月) 
結果 132K
予想 100K
前回 79K(92Kから修正)

失業率(11月) 
結果 4.5%
予想 4.5%
前回 4.4%



今ミシガンも届いたので、ついでにどうぞ。

米・12月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

前回: 92.1
予想: 92.0
今回: 90.2



ブログランキングに参加しています(/*^^)/
にほんブログ村 為替ブログへニンキブログ ブログランキングサイト人気ブログランキング【ブログの殿堂】


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/164-f2850689
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。