■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.12.08 Fri

注目!米雇用統計

おはようございます。自宅のネット環境を変更しました。有線→無線&メモリ増設&配線を短くしたためか、すこ~しスピードアップした気持ちがします、ごるごです。


さて今日は注目指標、米雇用統計が発表になります。


事前予想や関連指標、そしてごるごの戦略は…

まず11月非農業部門雇用者数(いわゆる雇用統計)の前回数値&予想ですが、

前回数値=+11万人
今回予想=+9.2万人~+10万人程度


のようです。

また先日発表されて、雇用統計との関連性が指摘される米・11月ADP雇用統計は、

事前予想 +10万人
結果   +15.8万人


この結果を受けて、ドル円が114円台から115円台へ乗せるなど、多少ドル高にブレました。


それから、私自身は良く分かりませんが、米雇用統計には、指標発表による相場変動リスクをヘッジする『経済指標デリバティブ・オークション』取引なるものが存在するそうです。これはゴールドマン・サックス、ICAP、CMEなどが提供している取引で、投資家は、経済指標が予想外の結果になった場合のヘッジとして利用しているのだそうです。

ちなみに、そのデリバティブ取引の想定数値が6日時点で、

+8万5400人

なんだそうです。(6日時点なので変動しているかもしれません)


また、米雇用統計は前月の数値発表だけでなく、それ以前の月の改定数値も発表になります。これに反応することも多いので要注意です。

個人的な経験則として、「その日最後の指標は要注意」というのがあるのですが、今日も米雇用統計のあとにミシガン大消費者信頼感指数があります。ただし、今回はこの法則… あまり気にしなくてもよさそうです。それほど雇用統計は参加者が多く、インパクトの大きい指標発表だと思います。


現在のドル円115円の水準は、中長期でまだ円高チャネルにあるという見方と、ドル安はいったん調整するだろうという見方が混在していると思いますので、どちらにしても、市場は発表数値に素直に(正直に大きく)動くような気がします。

113円台突入~116円台後半

個人的にはこの辺のレンジで動く可能性があると踏んでいます。


で、私の戦略ですが…(証拠金に余裕があればですけど)

①良数値の発表でドル上昇を想定し、116円中盤で戻り売り狙い。

②すでにあるドルロングのリスクをヘッジする意味で、指標前に2枚程度ドルショートをポジる。(希望としては115円中盤でショートしたい)

③一旦ドルロングを手仕舞って損失確定、新しく戦略を練り直す。(ん~、多分できないな~、ロスカット…)

④悪数値でドル一段安、ドルロングポジションが撃沈する…


どうしたらいいかちょっと分かりませんが、とりあえずシステムが不安定になって、結果高値掴みや底値売りをしてしまうことがあるので、クリック勝負のスキャルは避けたいと思います。(でもこれやっちゃうかも知れないけどね…)

それから、逆指値を使ったスキャルですが、これも指標発表時にスプレッドが開くことと、騙し(っていうのかな?)に引っかかって、ヒットしてしまうと悲惨なので、ちょっと敬遠したいかなと… ただ、市場参加者が多いこの指標なら、騙しは無く、数値に正直な方向に数秒で動く可能性はあると思うので、この逆指値、割りと使えると思います。(特にロスカットをしっかりと設定できる人ならば)

まあ、どちらにせよ、楽しみにしたいと思います。

そんな米雇用統計は今晩22時30分ですw


ブログランキングに参加しています(/*^^)/
にほんブログ村 為替ブログへニンキブログ ブログランキングサイト人気ブログランキング【ブログの殿堂】


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/162-e1337e9a
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。