■ --.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 2006.11.17 Fri

G20財務相・中央銀行総裁会議

こんにちは。やはりあまり動意のない値動きです、ごるごです。


さて、今週末にオーストラリアのメルボルンでG20財務相・中央銀行総裁会議が行われます。


メルボルン…じつは旅行で訪れたことがありまして、前にトヨタの車CMでロケ地となった事もある、グレートオーシャンロード(海岸線を走る有名な国道)をレンタカーでドライブした覚えがあります。
(いいことろだったなぁ…  駐禁切符切られたけどw)


ところでG20にはどの国や地域が含まれるのでしょうか。
G20は19カ国と欧州連合で構成されているようです。

アルゼンチン
オーストラリア
ブラジル
カナダ
中国
フランス
ドイツ
インド
インドネシア
イタリア
日本
韓国
メキシコ
ロシア
サウジアラビア
南アフリカ
トルコ
イギリス
アメリカ
欧州連合


G20の特徴としては、

①参加国が主要工業国、新興国と多岐にわたる。
②参加国の総GDPは世界全体の約85%を占める。
③参加国の総貿易量は世界全体の約80%(欧州域内貿易を含む)を占める。
④参加国の総人口は世界全体の約3分の2を占める。


などが挙げられます。主要議題として世界経済全般・主要国の少子高齢化問題・エネルギー資源問題・IMF改革などが話し合われるそうです。


日本からは、福井日銀総裁と尾身財務大臣が参加予定だそうです。
(土日も海外出張。ご苦労様です)


ところで日本はこのG20において、
北朝鮮核問題が議論されるだろう(尾身さん)、
為替問題について議論されるとは聞いていない(藤井財務次官くん)
といった発言がすでに飛び出しています。


ここで私から一言。 


①相変わらず北朝鮮問題をあおりますなぁ…日本は。(尾身さん)
②いや、為替については議論しようよ。(藤井くん)


各国の利害関係が絡んでのG20な訳ですから当然、各国とも、自国通貨や内国経済状況、国益を主張する場ではありますが、どこかで折り合いはつけなければなりません。
ましてやG20ともなると、参加者も多く意見集約は難しい側面もあるでしょう。


日本はねぇ…世界でリーダーシップを取りたいのか、取りたくないのか。


私はかならずしもリーダーでいることが幸せ(=国益)とは思いませんが、リーダーシップを取りたいのなら、もっと大局的な見地からものを言ってほしいなぁと思っちゃいます。


アフリカや東欧、南米といった地理的に離れたところに関しては、本当に日本人は無関心ですね。
(まあ、世界史を未履修だから仕方ないかw)


最近の日本核武装論についてもそう。なんでスイスみたいな永世中立国的な発想が出てこないのだろうか。やっぱり世界での存在感を保ちたいんでしょうかね。

私はそういう主張の少ない、例えば北欧の国々、オセアニア地域、あるいはカナダなんかに、なんだか安心感と親和感を覚えますがねぇ… 




先日、ブッシュ大統領が米自動車ビック3と会談の中で、円安について対策を求められたのに対して、あくまで強いドルを主張したそうです。
この辺り、米国は日本より半歩先に進んでいると思うところです。


素人の独り言でした。 とりあえずドル下がれ。


超新興国投資!!クリスマスプレゼントに不動産はいかがw?





スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://golgo13fridayfand.blog80.fc2.com/tb.php/106-232b7e31
Template by まるぼろらいと /
Copyright ©素人スナイパーのFXブログ All Rights Reserved.
SEO対策:為替 SEO対策:トレード SEO対策:スナイパー SEO対策:ブログ SEO対策:外貨 SEO対策:ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。